ニキビ跡を早く治すために洗顔やクレンジングを見直そう!

ニキビ跡を早く治すために洗顔やクレンジングを見直そう!

基本的なスキンケアを見直すことも必要

女性の方、クレンジング洗顔は正しい方法でできているでしょうか。

 

クレンジングや洗顔の方法で肌回復力が違うことをご存知ですか?

 

まずクレンジングの効果とは、もちろん化粧を落とすこと。そして肌を真っさらな状態にします。洗顔は顔の皮脂汚れや毛穴の汚れを落とてくれます。

 

このクレンジングと洗顔の両方のバランスが保てていないと、皮脂バランスが崩れ乾燥や肌荒れに繋がります。

 

ニキビ跡が残った肌で大切なのは、乾燥をさせないことです。綺麗な肌に戻すには皮脂や汚れをしっかりと落とすべきだと言って無暗に洗顔をしても乾燥を促してしまうだけです。

 

今回は乾燥をさせないようにすることによって早く綺麗な肌を手に入れるためのすための洗顔&クレンジングケアを紹介します。

まずはどんなものを使うか?が大事です

ニキビ跡をしっかりと治すためにはどんな洗顔方法がいいか?という問題もあるのですが、実は何を使うか?ということの方が大切です。

 

いくら丁寧なやり方をしたところで、使っているコスメそのものが刺激を与えやすかったりしては意味がないからです。

 

そこで、ニキビ跡が残ったような肌を優しく洗顔するために必要なコスメの選び方を紹介します。

 

クレンジング

クレンジングは何を使っていますか?

 

オイル、ミルク、ジェル、クリームなど様々な種類があります。

 

その中でも市販で多く見られるのはオイルクレンジングでしょう。

 

オイルクレンジングは化粧がしっかり落ちると評判ですが、実はしっかり落ちる反面、肌に刺激が強いことや、ニキビが出来やすい人にはマイナス要素となります(ニキビは皮脂と汚れが混ざりあい出来てしまうものだから)。

 

そこでおすすめのクレンジングは、「ジェルクレンジング」です。

 

オイルに比べると強めのマスカラは落ちにくいかも知れませんが、そこはポイントメイク落としを使用しましょう。

 

肌全体的に評価をすると、必要ない皮脂を剥がしながら保湿をしてくれるというメリットがジェルにはあります。

 

また、ジェルそのものにそれなりの固さや粘りがあるため、手と顔の間にしっかりと入り込んで摩擦を緩和してくれるので、ニキビ跡などの症状に余計な刺激を与えにくくなります。

 

洗顔料

最近流行の泡洗顔、とてもおすすめです!

 

泡で洗うことで、肌に摩擦が起こることなく洗うことが出来ると共に、泡は汚れを広いやすいため、顔についている汚れをさらってくれます。

 

チューブタイプの洗顔料を泡立てるのは少々手間かも知れませんが、泡立てネットなども市販で販売されているので、ぜひ利用し泡洗顔を行ってください!

 

その際の注意点として3日に1回、もしくは5日に1回は洗顔ネットを洗ってください。

 

ほとんどありませんが、雑菌が繁殖してしまうといくらふわふわな泡を使用しても肌を守ることができなくなってしまいます。

洗顔のし過ぎにご注意!

洗顔は朝と夜両方行いますか?

 

ニキビなどができやすい肌には洗顔によって皮脂を落とすことが大切だと思いがちですが、大人ニキビの場合にはずっと言っているように乾燥が問題になることの方が多いのです。

 

そのため、必要以上に顔を洗うことによってより治癒しにくい肌を作ってしまう可能性があるのです。

 

そのため、夜はしっかりと皮脂を落とすために洗顔を使いますが、朝は特別に顔が脂でテカテカなのが気になる場合を除いては、ぬるま湯から水で洗いましょう。

 

基本的に皮脂が酸化するとその刺激によって肌が炎症を起こしてしまうため、しっかりと皮脂を落としたいのですが、乾燥している場合には逆に皮脂を多くしてしまう可能性があるので、このように洗顔料を使わないというのも選択肢の1つなのです。

 

乾燥肌は肌のバリア機能が衰えている状態でもあるので、できるだけ刺激の少ないケアを心がけるようにして下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ