ニキビ跡ケアに向いている洗顔料を紹介

ニキビ跡ケアに向いている洗顔料を紹介

すっぴんに抵抗があるほど目立つ跡

思春期の時にニキビがたくさんできるようになってしまいました。

 

その時に間違った洗顔方法(強くこすり泡立てずに何度も洗う方法)をやっていたことと脂肪が中にはいっているニキビだったので目立つのが嫌でつぶしてしまっていたことが原因でほっぺたが汚い肌になってしまいました。

 

生理が近づくと同じ場所にできるニキビもありとても不快でやっぱり自分でつぶしてしまっていました。

 

その後働くようになってからは毎晩の不摂生に睡眠不足、たばこやお酒でお肌に対する環境が最悪でハッと気が付いた時には、日中に外ですっぴんで出歩くのは嫌だなと思うくらいの肌質になってしまっていました。

 

さすがにそれではまずいなと気が付いたのでいろいろ改善をしていこうということになりました。

肌が潤うおすすめの洗顔料

インターネットで調べ、お肌に負担がかからない方法で洗顔をすることにしました。

 

洗顔剤は「豆乳イソフラボン含有洗顔」です。

 

しっかりと泡をたててやさしく洗いました。

 

その後は「豆乳イソフラボン」シリーズの化粧水をぬってクリームをぬるだけです。豆乳シリーズはとてもお肌にやさしくモチモチな肌になれました。

 

あとは生活習慣の改善をし、睡眠時間は22時までには寝るようにしました。

 

野菜を含むバランスの良い食事を心がけるようにしました。

 

するとお肌はよくなりニキビ跡も不思議と消えたのでしっかりとした洗顔方法を知ること。

 

お肌にわるい食生活をしない事がとても大事なことだと思いました。

 

ちょっとの心がけでお肌がびっくりするくらい改善しました。

30代ですが若いと言われる肌にまで回復

30歳を過ぎてお肌の曲がり角といわれる時期に突入しましたが若いね!といわれる肌でいられるようになりました。

 

ニキビ跡もすっかりなくなったので満足です。

 

あんなに泡を立てずに顔をあらっていたこと、いつもニキビをつぶしていたことが考えたら恐ろしいくらいです。

 

生理やホルモンの関係でたまにできものができますが、以前のようなたくさんニキビができたりすることがなくなったのでやはり食生活と自分にあったスキンケア方法や洗顔料の選び方睡眠がとても重要だと思います。

 

豆乳イソフラボンシリーズは家族みんな愛用しており、お肌に合うので友人にも勧めたりしています。

 

自分にあった方法をさがしてみることが美肌への近道だと思います。

 

あまりお金をかけず、美肌でいられるようにこれからもがんばろうと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ