ニキビ跡の赤みや色素沈着をキレイに治す方法は?

ニキビ跡を治す方法 | 赤みや色素沈着をキレイにしたい!

どうしてなかなか治らないの?

悩む

ニキビ跡に悩む方って実はとても多いのに、なぜかニキビを治すことばかりが取り上げられてしまっているような気がします。

 

私はニキビそのものはできてしまったとしても半月程度で治ることが多いのですが、腫れが引いて平らになってからが長くて、赤くなった状態のまま平気で3ヶ月くらい続くこともあるくらいです。

 

特に痛みとかは無いので生活するうえで何か支障があるわけではないのですが、ファンデ隠しきれないものが残ってしまうと本当に憂鬱です。

 

毎朝鏡を見る度に嫌な気持ちになって、あと3日くらいで薄くなり始めるだろうと考えては諦めることを繰り返して、気が付けば1ヶ月以上そのままという感じです。

 

経験上間違いないと思うのですが、ニキビ跡に関しては1週間や2週間で治ることはほとんどありません

 

そのため、即効性のあるやり方などがまとめサイトなどに掲載されたりしていますが、そんなものに振り回されることがナンセンスです。

 

だって、肌の構造や生まれ変わるまでの期間を考えたらすぐに治るわけないんですよね?

 

例えば、子どもの頃に転んだりして膝などを擦り剥いたことはあると思いますが、その傷が見てもわからなくなるまでに1〜2週間くらいはかかりましたよね?

 

本当に表面だけの傷であっても完全に綺麗になるまでには数週間かかるわけだから、肌の内部にまで広がった炎症は軽くても1ヶ月以上はかかって当然なんです。

 

そのため、残った赤みや色素沈着をちゃんと治そう、できるだけ最短でキレイな肌に戻そうと決意したなら、ちゃんと自分の症状を理解して、時間をかけて治していく必要があるという認識を持つことがとても大事です。

 

どうして改善するのか理解できないけど即効性があるから・・・なんて気持ちでケアするのはやめましょう。

 

そんなの知らない人に、「これ良く効くよ!」ってなんだかわからない薬をもらって飲んでるのと同じくらい無謀だと思います。

 

もしも病気だったらこんなに簡単に噂などを信じませんよね?

 

ただでさえ治るのに時間がかかるので、ニキビ跡を治したいなら早めの対処が不可欠なのに、効果があるという根本的な理由がわからない方法を実践するのは時間の無駄です。

 

だからこそ、自分である程度の知識を付け、過去の経験者の話を聞き、理解をして長期的なケアをしてくことがとても大切なのです。

 

治すための方法は多岐にわたる

治す方法

ニキビ跡と一言で言っても、原因がとても複雑に絡み合っています。

 

例えば、赤みの原因は炎症が治まっていないことですが、炎症が長引いてしまう理由には自分で潰したりして刺激を与えてしまった場合あれば、単純に肌を守る力が衰えているということもあるのです。

 

また、黒く色素沈着してしまった場合であれば、炎症の悪化や、紫外線の影響、さらには摩擦などの影響などによってできてしまう場合もあるのです。

 

さらにどちらの症状にも共通して言えるのが、肌の新陳代謝を乱すような睡眠不足やストレス過多は避けなければなりません。

 

私もニキビ跡がなかなか治らなかった時は、睡眠不足やストレスを強く感じていました。

 

仕事で帰りが遅い日が続いたり、生理前になると見計らったように肌が不調になってしまっていました。

 

なぜか肌の調子が悪いと感じたりイライラするようになったと感じてカレンダーを見るともうすぐ生理予定日なのです。

 

そうすると2日後ぐらいにニキビが口元周辺に1つ、2つ出現します。

 

そして生理がくると同時に吹き出物が引いていくのです。

 

また、ついつい夜更かしをして睡眠不足になると、これもまた次の日ではなく2、3日後ぐらいに顔色がわるかったりほうれい線が濃く出ます。

 

本当に女性の場合はストレスや睡眠が肌に影響してくるため、スキンケアばかりでなく生活習慣にも配慮しなければなりません。

 

今では、眠ることもストレスを解消することもデトックスのように捉えて、きちんと管理しなければと考えています。

 

このようにいろいろな原因が考えられる場合には、噂などを信じてやってみても、効果のある人もいれば全く効果を得られない人がいても当然なのです。

 

そのため、今自分が改善に向けて実施していることがどのような意味で、どのように症状に働きかけているのかを知り、キレイな肌を手に入れるために必要なことをしっかりと実施しているという確信をもってスキンケアを実施していくようにしましょう。


私は現在30代ですが、10代の半ばごろより、思春期特有の皮脂の分泌が盛んになりニキビに悩まされるようになりました。

 

通常のニキビであれば適切にケアして治せばよかったのですが、私の場合、体質のせいもあったと思いますが、ニキビの発生量が異常で顔全体が赤くなるほど発出し、背中や胸にまで拡大するほどでした。

 

洗顔をしても、当時のニキビ薬をいくらつけても効果が見られず、症状が悪化する一方でした。

 

そんな中、ニキビの膿を排出すると治りが早い気がして、赤くはれたニキビを自らの手でつぶしてしまうようになりました。

 

その果、数年度、ニキビ自体の発生が落ち着いても、顔全体にはクレーターのようなニキビ跡でいっぱいになってしまいまいた。

 

このニキビ跡は本当に見苦しく何とか治したいと考えるようになったのがニキビ跡ケアを始めたきっかけです。

思春期の時にニキビがたくさんできるようになってしまいました。

 

その時に間違った洗顔方法(強くこすり泡立てずに何度も洗う方法)をやっていたことと脂肪が中にはいっているニキビだったので目立つのが嫌でつぶしてしまっていたことが原因でほっぺたが汚い肌になってしまいました。

 

生理が近づくと同じ場所にできるニキビもありとても不快でやっぱり自分でつぶしてしまっていました。

 

その後働くようになってからは毎晩の不摂生に睡眠不足、たばこやお酒でお肌に対する環境が最悪でハッと気が付いた時には、日中に外ですっぴんで出歩くのは嫌だなと思うくらいの肌質になってしまっていました。

 

さすがにそれではまずいなと気が付いたのでいろいろ改善をしていこうということになりました。

女性の方、クレンジング洗顔は正しい方法でできているでしょうか。

 

クレンジングや洗顔の方法で肌回復力が違うことをご存知ですか?

 

まずクレンジングの効果とは、もちろん化粧を落とすこと。そして肌を真っさらな状態にします。洗顔は顔の皮脂汚れや毛穴の汚れを落とてくれます。

 

このクレンジングと洗顔の両方のバランスが保てていないと、皮脂バランスが崩れ乾燥や肌荒れに繋がります。

 

ニキビ跡が残った肌で大切なのは、乾燥をさせないことです。綺麗な肌に戻すには皮脂や汚れをしっかりと落とすべきだと言って無暗に洗顔をしても乾燥を促してしまうだけです。

 

今回は乾燥をさせないようにすることによって早く綺麗な肌を手に入れるためのすための洗顔&クレンジングケアを紹介します。

私はフェイスラインにニキビ跡が沢山ありました。

 

大人になってからどうしても生理前になるとポツポツと目立つようにできてしまって、治ってはできるというのを繰り返した結果、赤みが残ってしまいました。

 

それはそれは色々な化粧水、美容液を試しました。

 

確かに、美白化粧水を沢山塗りこんだ時は、少し薄くなったかなと効果はあった気がします。

 

でも、この赤い斑点のように目立ったものは、そう簡単にはなくなりませんでした。

 

ホームケアではなんともならないのであれば、自分でケアをして余計な刺激を与えてしまって悪化させてしまう前に、美容皮膚科に行くことも考えておく必要があると思います。

ニキビがいつも同じ場所に周期的に出来てしまう体質なんですが、それを繰り返しているうちに跡が残り、最初は赤みの状態であったのに、時間の経過とともに薄い茶色のシミに変化してしまいました。

 

鼻の周辺と唇の横くらいに直径1cm弱程の大きさのものもありました。

 

鼻のてっぺんにニキビ出来てしまったことがあり、どうしても気になって触ってしまって赤く腫れてしまったりして、その後に黒いポツポツしたシミになってしまうのです。

 

一部の跡は本当に軽いクレーター状になってしまい、こればかりはもうどうしようもないと思っています。

 

まるで毛穴が開いてしまったような状態のままになるので、これは隠すことも簡単ではありません。

 

どうしてもぼこぼこ感が残るし、ずっと毛穴が黒ずんでいるような感じがして、見た目もあまりよくありません。

 

クレーターまでいくと美容皮膚科へいってレーザー治療などをする必要があると思いますが、まずはまだ治る可能性のあるシミのようになってしまった色素沈着を治すことを先決にしました。

女性なら聞いたことがある話だと思うのですが、出産を機に生理前にニキビができるようになりました。

 

それまでは多少の肌荒れなどお肌の調子が悪くなることはあっても、あからさまなニキビができるようなことはそれほどありませんでした。

 

しかし、産後は生理のたびに何度も何度も繰り返し顎からフェイスラインに沿ってできるようになってしまいました。

 

吹き出もののような状態で出てきて、赤いポツポツした状態なので結構目立つのです。

 

しかも、顎ニキビができてやっと治まってきたと思ったら、また再発というのを繰り返しているうちに、一部は黒いポツポツした跡に変わってしまっていました。

 

黒いポツポツは、メイクをしっかりとしてみても目立ってしまって本当に困りました。

学生時代から、なぜか同じ場所に何回もニキビができてしまっていました。

 

頻度は減りましたが、大人になった今でも当時と同じ場所に出来る事があります。

 

何回も繰り返しているので、もちろんニキビが出来る場所は肌が荒れやすく、シミのような跡も残ってしまっています。

 

そして繰り返している間に今では肌が黒っぽくなってしまっています。

 

ニキビができたときは痒みと酷いと痛みがあって、皮膚科で薬を貰っていて使用していますがなかなか改善はできてはいません。

 

炎症が広がってしまって、周りの肌も赤く黒ずんできているような感じがしているのでかなり自分でも気にはなってケアをしているのですが、なかなか効果が得られていません。

 

本当はレーザー治療とかしたら綺麗になるのかも知れませんが、また繰り返していたら同じ様な肌の状態に戻ると思うので、一時的な事にしかならないような気がして行ってはいません。

ニキビ跡に悩んでいる方の多くは、最初にそのうち治るだろうと放置をして、数ヶ月経ってようやく簡単には治らないことに気付き、そこで初めて消すための方法を探し始めるとう方が多いわけです。

 

しかし、そこまで症状が悪化してからすぐに消す方法などを求めてしまうことが問題です。

 

どうにかしなければ!と考えた時点で数ヶ月という時間が経過しているにも関わらず改善していないわけですから、簡単には治らないことはしっかりと自覚しなければなりません。

 

ニキビ跡というのは炎症によるもの、つまり肌がダメージを受けた状態であるため、適切な処置をせずに放置しておくと悪化してしまうことが多いのです。

 

だからこそ、「あれ、赤みが引かないな」と思い始めたくらい状態であっても、できるだけ早く適切なケアを実施することが大事です。

 

そして、意外と多くの方が認識していない事実として、残ってしまった赤みを放置して悪化していくと、黒く色素沈着して一般的にシミと言われるものと同じ状態になってしまうのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ